読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい生活

仕事の鬼から一転、ゆるゆるな日々を楽しむ兼業主婦のキラキラブログ!…を目指していた、単なる生活系雑記

新生活応援!「100均で買っていいもの・ダメなもの」キッチン編

スポンサーリンク

 

f:id:mogmogmogtan:20170405160315j:plain

春めいている!

気温とともに気分も上がる私(@mogtan1984)です。どーもどーも。

今週から新生活がはじまる方も多いということで、ブログやtwitterで新社会人へのメッセージがたくさん上がっていましたね。

 

この春で社会に放り出されて10周年を迎える私も、僭越ながら「新生活を始める方へ向けたエントリーを書きたい!」と、筆を取った次第であります。

元ソルジャーとして、社会の荒波を乗りこなすための航海術を教えるべきなのでしょうが、あいにく今はほぼ無職。

あんまり偉そうなことも言えないなーと思い、書いては消し、書いては消しを3回くらいして思い出しました。

 

上京して3年くらい、自炊で色々失敗し続けたことを。

 

ということで本日は、この春から自炊を始めようとしている方向けのエントリー。

自炊を始めるにあたって、避けては通れない最初の難関「キッチンアイテム選び」についてです。

 

スポンサーリンク

 

 

100均は桃源郷じゃない。魔境だ!

キッチンアイテムを揃えようと思った時、おそらくみんな「調理器具 一人暮らし」とかでググりますわな。

情報化社会のこのご時世ですから、自炊に必要なもの、便利なもののリストは先人が画面上にキレイにまとめてくれているわけです。

allabout.co.jp

 

しかし、これらを買おうと、街へ繰り出して気づくのです。

「調理器具揃えるのって、結構お金かかるなぁ……」と。

 

10代、20代ですから、キッチンアイテム以外にも欲しいものがいっぱいあります。

少ない初任給、仕送りから資金を捻出するわけですから、なるべく安く済ませたい。

 

そんな気持ちで、ふと、隣の売り場に目をやると……

 

あやしく光る「ダイソー*1」の看板

 

フラフラと吸い寄せられるように100円ショップへ足を踏み入れると、

すべて、今まで眺めていたものが10分の1くらいの値段で販売されているではないですか!

 

若者「コレだーーーー―!」

 

もう、ここはまさに桃源郷。

欲しいものを手に入れるために、何かを失うという

つらみも悲しみも限りなく少なくなるのに、ほしかったものが手に入るパラダイス。

 

穢れを知らない若者の目には、夢のような空間に映ることでしょう。

 

しかし、世の中には「やすかろうわるかろう」という言葉がある。

そんなこと誰だって頭ではわかっているだろうけど、実際に体験して理解するのとは違うということ。

 

それを今日伝えたい。

この10年間。

数限りない、買い物で、失敗に失敗を繰り返し続けてきた、

キング・オブ・キング。

負け犬買い物王の……私が!

( ;∀;)

 

100均で買っちゃダメなキッチンアイテム

というわけで前置きがやっぱり長かったですが、本題。

まずは、どんなに魅力的に見えても、あとから後悔する可能性が非常に高いので、買うのはやめたほうがいい100均アイテムをご紹介します。

人によって感じ方は違うと思うけれど、ちゃんと理由もあるから、もし買う場合は覚悟してね!って話です。

食器

私の100均人生の中で、一番失敗率というか、後悔率が高いのが、食器。

自炊をはじめて、とりあえず食べものを盛り付ける皿が必要になるんだけど、お皿とか茶碗とかって本当にピンきり。

新生活を始めたばかりの若者では、よっぽどのマニアじゃないと良し悪しなんかわからないから、ついテキトーに買ってしまうんですけど、

本当にテキトーに買ってしまった陶器や磁器で良かったことなど何もない。

 

自炊にも慣れ、おいしそうな料理が作れるようになっても、皿のせいで台無しということが多々あった。

割れたら、次はいいやつを買おうと思っていても、なぜか100均の皿は割れない。

割れていない皿を捨てることは……100円だとしても、よっぽどの根性がないとなかなか難しいものです!

 

なので、お皿は1枚でいいから、自分の好きなものを買うことをおすすめします。

私は、ちょっといい食器に買えた途端、ごはんをつくるのが楽しみになり、洗い物も放置しなくなりました!

 

www.yurui-life.com

↑最近ちょっといい皿を買いました。

 

ラップ

たかがラップ、されどラップなのですが、こればっかりはメーカー品をおすすめします。

本当にちょっとのことなのですが、カッター部分の切れ味、くっつきやすさ、はがしやすさ、ロールの外れにくさ……などなど、

上げればキリがないのですが、メーカー品の細部に渡る工夫には頭が上がりません。

しかも、メーカー品を買っても200円くらいなので、コストの面ではそれほど節約になっていないのです。

 

ラップが上手に切れないと、まじでイライラします。

ラップを取り出そうとして、勢い良く引っ張りすぎると、箱からロールが飛び出し、後戻りできない状態になり、

真夜中に叫び出す羽目になります。

 

お仕事やお勉強で大変な新生活ですから、そんなことでストレスを貯めてほしくありません。

なので、50円くらいケチらないでメーカー品を買いましょう!

( ;∀;)

ドラッグストアとかで安いとき、98円とかで買えることもありますし!

 

包丁・ピーラー

f:id:mogmogmogtan:20170405163646j:plain

最後に刃物。

これは絶対にいきなりいいやつ買ってください。

安い包丁は、総じて切れない。

慣れていない人が切れない包丁を使うと、上手く切れないので超イライラします。

キャベツの千切りが短冊切りになるくらい上手く切れません。

最悪の場合、指を切ってしまうこともあります。

そんなわけで、切れない包丁は人を料理嫌いにします。

 

また、ピーラーも同じ。

ピーラーは特に刃を研ぐことができないので、挽回しようがありません。

私はピーラーで皮をむかないのですが、切れないピーラーは手首を切ってしまいそうで、本当に怖い。

 

いい包丁といっても、数万円するものではなく、3,000円くらいで買えるものでいいと思います。

ディスカウントショップで1,000円程度のものは、100均とそんなに変わらないので、おすすめしません。

 

私はヘンケルスの三徳包丁とペティナイフを使っています。

私が愛読している、奥さま向け物欲雑誌「LDK」の最新号(2017年5月号)の包丁特集では、結構クソミソに書かれていましたが、私は結構切れ味が良くて気に入っています。

これを使い始めて、ようやくキャベツをちゃんとした千切りにできるようになりました。

 

ちなみに、LDKの包丁特集で総合1位だった「ミソノ 三徳包丁」は8,000円近くするのでちょっとおすすめし難いですが、

2位の「下村工業 ネオヴェルダン」は1,736円と、かなりリーズナブル。

この値段で、1位のミソノに迫るクオリティとのことなので、私も試してみたいものです。

 

100均のおすすめキッチンアイテム

「買っちゃダメ!」ばっかりだと、つまらないので、

意外と盲点になりがちなものを中心に、100均のおすすめキッチンアイテムも並べておきます。

使い捨てビニール手袋

f:id:mogmogmogtan:20170405165206j:plain

ハンバーグや餃子を作る時によく登場する、使い捨てのビニール手袋。

100枚入りのものを100均以外で買おうとすると、300円〜500円くらいするので、かなり買いだと思います。

使い勝手も実はさほど変わらないし、使ったらすぐ捨てるものなので、100円のもので十分です。

 

「ハンバーグとか、そんな面倒な料理、自炊初心者は作らないでしょ!」と、ツッコミを入れた方、正解です。

ものぐさ主婦の私も、そんな面倒な料理、月に1回くらいしか作りません。

 

では、ビニール手袋を何に使っているのかというと……

主に掃除です。

 

排水口や、油汚れなど、ヌルヌルベトベトするものって、とにかく触りたくないですよね。

自炊デビューしたての頃、排水口の掃除という概念がなかった私は、

夏場に異臭を発したシンクのフタを開けて、恐怖に打ち震えた日を忘れません。

 

なので、この春から自炊を始める方が夏に打ち震えないように、今からお伝えしておきたいと思います。

 

排水口のヌメリとり

f:id:mogmogmogtan:20170405165509j:plain

排水口の掃除を少しだけ楽にしてくれるアイテム。これがあるのとないのでは全然違います。

カゴの部分に仕込んでおくと、水を流す時に少しずつ溶け出し、ヌメヌメを軽減してくれます。

これをつけて置くだけで、1週間に1回やらないといけない排水溝掃除が、2週間に1回くらいで済むようになり、

夏場の異臭騒ぎ、コバエ騒動の回数も激減するはず。

 

長らくメーカー品を使用していたのですが、100均のものでもそれほど効果に違いが見られなかったので、最近は100均のものを1ヶ月に1回交換しています。

2回分で100円なのは、かなりお得かと思います。

 

スパチュラ・スクレイパー

自炊デビュー時にいきなり買うことは少ないであろう調理器具。

しかし、これを手に入れたとき、私は「もっと早く買っておけばよかった!」と己の若さを後悔したものです。

 

f:id:mogmogmogtan:20170405165736j:plain

スパチュラ(ゴムベラ)は、弾力のあるゴム製の部分で、混ぜたり・すくったり・裏ごししたりすることが得意。

 

f:id:mogmogmogtan:20170405165751j:plain

キッチン・スクレイパーは、スパチュラよりも少し固めで、パンなどの生地を切り分けたりするのが得意な調理器具です。

 

……という風に書くと、お菓子作り以外ではあんまり出番がないように思われるんですけど、

コレ、鍋の掃除にすんごい便利なんですよ。

特に、カレーの時!

 

カレーって、作り方がかんたん、作り置きもできるので、

一人暮らしの自炊初心者にはありがたい料理なんですけど、

私が自炊初心者だった頃、カレーは逆に面倒くさくて嫌だった。

 

作るのはかんたんなんだけど、鍋や皿を洗うが、嫌で嫌で嫌でしょうがなかったんです!

 

アホなので、一番最初はいきなりカレーを落とさずにスポンジで洗って、スポンジがダメになりました。

次は、水流で流すという手段を思いついたのですが、排水口が恐ろしい勢いで詰まり、

そして長らく、キッチンペーパーで拭いてから洗うという手段を用いていたのだけれど、

カレーのたびに消費される大量の紙を見るのは辛い。

あと、紙に茶色いものがついているのをみるのが、ある意味非常に……

(^q^)

 

でも、スクレイパーさえあれば、皿に付いたカレーをギュッとまとめて、ポリ袋やラップにポイッと流し込んで、小さく畳んでゴミ箱にポイすれば、OK。

コレを知ってから、カレーを作る頻度が増えました。

 

ちなみに、カレーの汚れ取りに使っていると、ゴムの部分がすぐに変色するので、100均のもので十分です。

製菓用にはちょっといいやつを買ってください。

 

キッチンばさみ

f:id:mogmogmogtan:20170405170107j:plain

自炊初心者の強い味方。キッチンばさみ。

刃物なので、もっといいの買ったほうが良さそうに思えるのですが、

1,000円くらいのものと比較するなら、それほど変わりないので、100均で十分です。

 

包丁が苦手な人だけじゃなく、ちょっとネギを切りたい時とか、まな板洗うのめんどくさいときとかも便利。

これで野菜も肉も、魚も切れちゃいます。

 

うちで使っている100均のやつは、もう5年くらい使っているんだけど、全然切れ味も変わらないのでおすすめします。

 

トング

f:id:mogmogmogtan:20170405170351j:plain

最近かなりメジャーになってきた調理器具。

10年前は、料理に使うものではなく、パン屋さんにあるものだったので、使い始めるまで抵抗があったのですが、

導入してみるとすんごい便利!

菜箸でハサミにくい麺とか、菜箸で混ぜにくい野菜炒めとか、とにかくいろんなものに使える!

 

今はニトリのやつ(上の写真)を使っているんだけど、前使っていた100均のは3年くらい大丈夫でした。

最終的にゴムの部分がちぎれちゃって、最近買い替えたんだけど、グリップ感も良かったし、重さもちょうどよかった。

今使っているニトリのやつは、それに比べるとしっかりしすぎて、重たい上に、バネがちゃんとしすぎて握りにくい。

100均くらいのテキトーさのほうが使いやすかったと思う昨今です。

 

まとめ

以上、自炊生活10周年を記念して、100均のキッチンアイテムをまとめてみましたが……

どう? 意外と失敗してるでしょ。

ただ、失敗に失敗を重ねながらも、少しずつ良いものが選べるようになるのも、醍醐味だったりします。

 

お母さんも、名のあるシェフも、多分一度や二度……いやそれ以上は失敗してます。

だから失敗しても「自分にはできない!」と、思い込まないで欲しいなーと思って書きました。

もしかしたら道具一つでいろんなことが変わるかもしれないからね!

 

そんなかんじで、頑張れ新生活!

ひまな主婦は応援してます。

 

それでは今日はこのへんで。

ばいびー★

 

*1:セリアでもキャンドゥでもいいけど