妊娠・出産 家族・子育て

妊娠10ヶ月(36週~39週)の出来事・体調・かかったお金・困ったことまとめ

投稿日:

スポンサーリンク

 

8月下旬、第一子となる男の子を無事出産しました。私(@mogtan1984)です。どーもどーも。

出産から早3ヶ月。毎日鬼のように慌ただしく、あっという間に1日が終わってしまいます。

息子はすこぶる元気な超抱っこマンなので両手が空かず、なかなかブログが更新できないのですが、いい加減書いておかないと記憶が薄れてきれいサッパリなくなってしまいそうなので、彼が寝ているすきにマッハで更新します。

今回は妊娠記録最終回。「妊娠10ヶ月(36週〜39週)」の体調や出来事についてお届けします。

スポンサーリンク

 

妊娠10ヶ月(36週~39週)のできごと・体調

妊娠36週(36w):はじめてのNSTとバースプラン

いよいよ臨月に入った妊娠36週目。これまで2週間に1度だった妊婦健診が週1に増えました!

36週目の検診ではじめてNST(ノンストレステスト)が登場。

NSTとはお腹に心電図検査みたいなものを取り付けて、赤ちゃんの心拍とお腹の張り具合をモニタリングして赤ちゃんが元気かどうか確認するためのもの。

腹部丸出しの状態で横になり、約20分〜40分程度じっとして過ごします。

これが……臨月の妊婦にはなかなかつらい。私は普段、横向きじゃないと動機がすごくて寝られないくらいお腹が大きかったので、やや傾斜があるとはいえ仰向けでじっとしているのはなかなか辛かった。

ただ、私の通っていた病院では親切丁寧にお茶とキャンディーが出てきたので、ちょっと優雅な気分で過ごせました。笑

はじめてのNSTの結果は順調そのもので一安心。

 

一方、今回の検診で4Dエコーは最終回とのこと。赤ちゃんの推定体重は2,960gになってました。2週間前の検診では2,607gだったのに!

もぐたん
もういつ生まれてもいいくらいの大きさじゃないか!

というわけで、泣こうが喚こうが臨月。そろそろお産の具体的なプランを考えなくてはならないということで、先生とバースプランについて相談

元々アットー的無痛分娩希望だったのでこの病院を選んだようなものだったのですが、どうやらこの病院は無痛分娩ではかなり有名なところだったらしく、24時間いつでも無痛分娩OKとのこと。

当初から無痛希望じゃなくても無痛分娩に切り替えられるんだそうな。すっげーな。

なので、予定日ギリギリになってから怖くなって「やっぱ無痛で」というのもOKだし、陣痛に耐えきれず「ギャーー!無痛にして!」っていうのも可能なんだそうな。(医療的に大丈夫な限り)

ただ、お産はいつ何が起こるかわからんものなので、あらかじめバースプランで「どの段階で無痛にするか」ってことを病院にお伝えしなくてはならないわけです。

ちなみに、出産日を決めて誘発で陣痛を起こしてから無痛分娩にする「計画無痛分娩」というのも行っているとのこと。

とにかく根性がなくて痛みに弱いという理由だけで「絶対無痛!」と言い続けてきたものの、それ以外に全くこだわりが無い私。

贅沢な悩みといえばそれまでなんだけど、選択肢が多すぎて何が何だかわからなくなってきたので「いつ無痛にするか」は一旦自宅に持ち帰って考えることにしました。

妊娠37週(37w):足がクリームパンのように

8月上旬にもかかわらず台風上陸。おかげでけっこう涼しく過ごしやすい1週間でしたが、私は悩んでいました。

浮腫(むくみ)に!!

クリームパンのような足

とにかく浮腫がひどくて、メディキュットも効果がなくなり、足は焼き立てのクリームパンのよう……。

挙句の果てには手まで浮腫みだし、歩くのも腕を上げるのも辛くてたまらなかったので近所の「妊婦大歓迎」のサロンに駆け込みました。

すると、想像以上にむくみが取れて快適! 骨盤調整もやってるらしく、子連れOKだったので産後にもお世話になろうと思います。

 

あと、ずーっと編み続けていたおくるみが完成しました。

……糸が足りなくなって微妙なサイズになりました。。w

そして37週の検診。前回同様NSTがあり、今回から超音波はなくなって代わりに内診がありました。

内診では、手を突っ込まれて子宮口がどのくらい開いているか見るのですが、この日は0.5cm!

もぐたん

それってほぼ開いてないと同義語では……。

ちなみに前回持ち帰ったバースプランですが、この週にはまだ決められておらず。再び持ち帰りました。

妊娠38週(38w):バースプランがついに決定!

親や親戚から「そろそろですね」のメールが届きまくる38週目。

家族と相談に相談を重ね、ようやく出産方法を「計画無痛分娩」に決めました。

↑私の悩みと葛藤は日記ブログの方でどうぞ。

 

検診では、NSTと内診。子宮口は前回と変わらず0.5cmとのことで「来週ぐらいかなー?」と言われました。

そして、むくみが過去最悪な状態に。初めて++判定がついてしまいました……。

それに伴い、体重も1週間で1kg増!

妊娠前から13kg増となり、結構ショックだったのですが先生曰く「浮腫みの水分がほとんどだからしょうがない」と慰められ(?)ました。

帰りに出産希望日に無痛分娩の予約を取って終了。誕生日がわかっているなんてちょっと不思議な感じがしました。

妊婦生活も残りわずかということで、今週はひたすらまったり過ごしました。

おくるみは完成したものの、空前の編み物ブームでアクリルたわし編みまくりながら、目が暇だったので気になっていたアニメ(鋼の錬金術師・全64話)を一気見しました。

妊娠39週(39w):最後の晩餐(昼だけど)

先週に引き続きアニメを一気見したり、ランチを食べに行ったり、子なし最後の時を思い切り楽しみました。

そして39w3dで計画出産。特に大きなトラブルなく出産日を迎えられてよかったです。

出産に関する記事は別途まとめようと思います。

 

妊娠10ヶ月までの体重変化

妊娠期間中は標準体重の方で7〜10kg増が目安。

でも実際、どの段階で何キロくらい増えるものなのか……人によって異なるとはいえ疑問ですよね。

ということで、雑誌やネットで見かける先輩ママさんたちを真似して、私も体重増加グラフを作ってみました!

念のため、私の妊婦生活情報を参考までに置いておきます。

  • 妊娠前のBMIは21。標準体型の中でも比較的ぽっちゃりしている方
  • 仕事は在宅のため通勤・出勤などの移動はほぼなし
  • つわりによる食欲不振は一切なし

体重を毎晩お風呂に入る前(夕食の2時間後)に計測し、1ヶ月ごとに平均値を出してグラフ化したものがこちら。

妊娠9ヶ月の中盤で上限と言われていた10kg増に達してしまった私でしたが、最終的にはプラス13kg増!!

グラフは平均値になっているので、プラス12kgになってるんだけど、あの異次元の数字を見たときはさすがに卒倒しそうになりました。

(´・ω・`)ショボーン

そんなわけでトツキトオカ、体重を測り続け、最終的にプラス13kgまで増量した感想をまとめておきます。

妊娠で13kg増えるとこうなる

  • 産婦人科の待合室のどの妊婦さんよりもお腹がデカイので夏は暑い
  • 階段が相当つらい
  • 仰向けになると息が止まりそうになり、貧血状態で具合が悪くなる
  • 浮腫みが原因の場合は先生に怒られるどころか励まされる
  • 最終的にヤケになり、とんかつを食べる

現場からは以上です!(涙)

 

妊娠10ヶ月(32週~35週)でかかったお金

妊娠から出産まで、一体どれくらいのお金がかかるのか……。

気になるけれど、地域や個人差が激しくて一概にいくらと言えないらしく、本や雑誌ではすごく大雑把にしか教えてくれません。

周りに出産経験者がいれば良いのですが、初の妊婦生活だと何にどれくらいお金をかけて良いのかさっぱり検討もつきませんよね。

ということで、私は記録も兼ねて包み隠さず、妊娠~出産までにかかった費用を記録して公表します!

誰かの参考になれば幸いなのと、経産婦の方からの「お金かけすぎだろ!」というアドバイスあればぜひお待ちしております。

前月からの累計も載せときます。

妊娠10ヶ月でかかったお金(東京都在住・里帰り出産しない場合)

  • 産婦人科検診(11回目)と検査:6,730円(補助券使用)
  • 産婦人科検診(12回目):2,430円(補助券使用)
  • 産婦人科検診(13回目):2,430円(補助券2枚使用)
  • マッサージ(浮腫み取り):3,440円
  • 出産・入院費(一時金を除く):465,230円

合計 480,260円(10ヶ月累計 1,061,884円)

ついにフィナーレ……。この記事を書くまでざっくりしか把握していませんでしたが、やっぱりかかっていましたね。

100万円!!

\(^o^)//(^o^)\\(^o^)/

トータルで一番大きい出費は、出産・入院費。計画無痛分娩・個室4泊5日。時間外や投薬などの諸々のお金も込みで、最終的に約80万円かかりました。

「一生に一度あるかないかのことだから!」と、腹をくくったつもりでしたが実際に金額を目の当たりにすると「ドッヒャー!」以外の感想はありません。(゚ー゚;Aアセアセ

42万円の出産育児一時金と親戚の方々から頂戴したありがたーいお祝い金があったのでなんとかなりましたが、ちょっと心臓に悪かったです。

ただ、その分満足のいくお産ができたので本当に良かった!

出産〜退院に関してはまた別記事でご紹介できればと思います。

 

まとめ

2018年のスタートともにはじまった、私の妊娠記録。今回が最終回でございました。

息子をリリースした今となっては、たった数ヶ月前のことなのにものすっごく懐かしい気分……。

中盤には飽きてきて「この記事ってダレトクー?」って思ったり、中だるみしたりしたものですが、今となっては書ききって良かった。

息子に「クソババア」って言われる日が来た頃にまた読み返そうかと思います。

 

もぐもぐハウスの第一子妊娠記録・完!

 

今後はちょいちょい空き時間を見つけて、出産・育児記録もまとめられたら良いなーと思います。

おすすめの記事(PR)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
もぐたん

もぐたん

ごはんとお酒とインターネットをこよなく愛する、30代のゆるゆるフリーランス兼業主婦。 夫(鳥人間)と東京のかたすみで、ひっそりのんびり暮らしています。

-妊娠・出産, 家族・子育て
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゆるい生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.