妊娠・出産 家族・子育て

ベビーベッド購入するかレンタルするか・添い寝するか?約1ヶ月間「ねんねスペースづくり」を考えた結果

投稿日:2018年5月18日 更新日:

スポンサーリンク

 

3月からやっていた断捨離をなんとか終了させました。私(@mogtan1984)です。どーもどーも。

GW明けからようやく赤ちゃんを迎えるためのお部屋作りに着手し始めました。

新生児は1日のほとんどを寝て過ごすというので、まずは寝るスペース(通称:ねんねスペース)から。

ただ一体どんな寝室にしたら良いのか、まったく検討もつかなかったので、育児雑誌やサイトなどを参考にしたところ……おしゃれなインテリア写真ばっかり!

……いや、おしゃれなのに越したことはないんだけどさ。

どちらかというと、このボロい我が家のどこにどうやって寝てもらえば快適に過ごせるのかを知りたいんだよおぉぉぉ!

ただ、よく考えてみたら住宅事情も家庭環境も十人十色。考え方は各ご家庭で異なるので、一概に言えないよね。

ということで、30年越えの団地に住む妊婦の私が「赤ちゃんのねんねスペース」について少ない脳みそで色々考えてみたことを簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク

 

ベッド vs ふとん

赤ちゃんのねんねスペース考える、はじめの一歩がおそらく「ベビーベッド買うか買わないか問題」なのではないかと。

出産未経験者からするとベビーベッドはベビー用品の象徴的な存在なので真っ先に思い浮かぶ人も多いと思うのですが、経験者によると

ベビーベッドに置くと泣くから使えなかった
想像以上に場所を取るんだよねぇ

と、なかなかの言われよう。

しかも、赤ちゃんが気に入ってくれて、場所に余裕があったとしても、安全面の問題(立ち上がるとか)で1年と経たないうちに使えなくなるらしいじゃないですか。

そんなわけで、買わなくてよかったベビー用品ランキングでは常に上位に君臨しているイメージです。

じゃあ「床におふとんを敷いて寝かせれば良いのか?」というと、築30年越えのボロ団地に住まう私には一抹の不安がありました。

なぜかというと、我が家には謎の虫が生息しているから!

生息しているのは主に仕事部屋(たたみ)なので、フローリングの寝室はそんなに心配しなくてもいいのかもしれないけど、それだけじゃなくて私自身がなかなかのアトピー体質なのです。

アレルギーではないのですが、ホコリやダニが原因でアトピーが悪化しやすいので、私はできるだけ床から離れたところで寝たいのです。

私はベッドで寝てるのに、赤ちゃんは床で寝るとなると、ビジュアル的になんか不思議な感じ……。

しかもそうなると、夜中の授乳がめんどうくさそう! 一回ベッドから降りて、屈んで抱き起こして授乳しないといけないんでしょ?

(´・ω・`)

それってとっても面倒だし、ただでさえ赤ちゃんの皮膚は弱いのに、私からの遺伝強いとさらに肌が弱くなりそうなので、我が家ではふとんは不採用となりました。

 

ベビーベッド vs 添い寝

「赤ちゃんをベッドに寝かせる」ことが決まった我が家でしたが、次に問題になるのがどのベッドで寝るのか?

考えられるパターンは2つ。

ベビーベッドに1人で寝てもらうか、私と一緒のベッドで寝る(添い寝)か。

先ほどのベビーベッドいらない派の意見を振り返ると、ベビーベッドのデメリットは以下の通り。

  • 赤ちゃんが嫌がる可能性がある

  • 場所を取る

  • お金がかかる

  • 最長で1歳くらいまでしか使えない

一方で、ふとんを含めた添い寝は「赤ちゃんが安心するので寝つきがいい」「深夜の授乳が楽」「お金がそれほどかからない」というメリットがあります。

 

ただし、どの方法も一長一短。添い寝には添い寝のデメリットがあるわけです。

  • 大人の寝相が悪いと危険

  • 大人と同じ硬さの敷布団は赤ちゃんに合わない

  • ベッドで添い寝する場合、目を離した隙に赤ちゃんがベッドから落ちる可能性がある

そのうちベビーベッドも卒業して、添い寝になるのでどちらでも同じことなのかもしれませんが、我が家の場合は上記に加えて大人サイドの寝具事情があるため、結局ベビーベッドを使うことにしました。

ちなみに大人のベッドのサイズに余裕がある場合、ベッドの上に赤ちゃんのねんねスペースを作れる「ベッドインベッド」なるものがあります。

赤ちゃんとベッドで添い寝しつつも、大人の寝返りによる圧迫や赤ちゃん自身のうつぶせ寝、転落を防止できるという便利アイテム。

最初これを検討していたのですが、やっぱりうちの大人用ベッドにはちょっと置けないことが判明したので断念しました。

 

ベビーベッド「レンタル vs 購入」

ベビーベッドを使うと決めたら、今度はレンタルで済ませるのか、購入するのかという壁が立ちはだかります。

ネットの意見を眺めていると、ベビーベッドを購入とレンタルを比較すると……

  • 購入はお金がかかる。新品だと2万円以上するが、レンタルだと利用期間に応じた分だけ支払える
  • せっかく買っても使わない可能性があるが、レンタルなら最短で2週間から借りられるところもある
  • ベビーベッドは卒業したあと邪魔になるが、レンタルなら返せばいいだけ

こんな感じなので、レンタルする人も多いようです。

私も当初「どのくらい使うかわからないからレンタルで十分」と考えていたのですが、最近需要が高まっているのか大手レンタルサービス会社でも在庫切れが結構目立ちます。

私が下見をした時は、小スペースで設置できるコンパクトなミニサイズのベビーベッドはほとんど在庫切れ。時期にもよるのでしょうが、スペースの都合でミニサイズを希望していた私は急に不安になりました。

しかも、料金をきちんと確認してみると驚いた。短期間(1ヶ月〜半年)借りるぐらいなら圧倒的にレンタルの方が安いのですが、長きにわたって利用した場合、購入するよりも高くつくこともあるようです。

レンタルは良いことづくめのように感じていたのですが、希望のものが借りられるかどうかわからないし、いつまで使うのか検討もつかないというデメリットもあることが気になってしまい、結局購入することにしました。

もぐたん
不要になったら誰かに譲ったり、売ったりすればいいかなって

 

ちなみに、レンタルと言えば「ダスキン」が有名ですが、DMMでもレンタルサービスをやっています。

KIDS&BABYいろいろレンタル

予約状況がカレンダー形式でものすごく見やすいです!

お宮参りの衣装やお食い初めのセットもあったので、今度レンタルしてみようかなーと。

 

ベビーベッド「新品 vs 中古」

実はレンタルではなく、購入を決めた理由がもう一つあります。

それは近所の大手リサイクルショップで、中古だけど比較的きれいなベビーベッドが3,980円で販売されているのを発見したから。

ベビーベッドは長くても1年程度しか使わないので、比較的きれいな中古品が出やすいのかな?

帰ってきてからヤフオクやメルカリで中古の相場を調べると、ほとんどが1万円以下で購入できることがわかりました。

中古品は衛生面から抵抗がある方も多いと思うのですが、私はベビーベッドぐらいなら全く気にしないので、即決で中古にしました。

 

中古のベビーベッドをどこで買うか?「リサイクルショップ vs ネットフリマ」

最後に「中古のベビーベッドをどこで調達するのか?」という問題に対して。

品揃えや価格面、利便性から考えると、圧倒的にネットフリマが優勢であることは間違いないのですが、私はリサイクルショップで購入しました。

リサイクルショップを選んだ理由は以下の通り。

  • 状態(破損や使用感)の確認漏れを防げる
  • 送料がかからない

ネットフリマでもよっぽどの人でない限り破損や故障を隠して販売することはないと思うのですが、見落としは誰にでもあると思うので、トラブルをさけるなら自分の目で確認してから購入した方が安心だと思いました。

またネットフリマは販売価格のみが表示されているものも多く、送料は実費です。

ベビーベッドは宅配便の通常サイズには収まらないことがほとんどなので、少なくとも販売価格+数千円が必要です。

私が確認した限り、同エリア内でも2,000円程度はかかってました。遠方の方から購入すると想像以上に送料がかかることもあります。

2週間ほどヤフオクとメルカリをウォッチし続けて算出した相場はおよそ5,000円程度。

私が最終的にリサイクルショップで購入したミニサイズのベビーベッドは7,980円でしたが、幸いにもベビーベッドが運べる車が借りられたので、送料などを加味してもリサイクルショップを利用するのが得策と考えました。

 

まとめ

以上、すごく長々書きましたが、最終的に我が家では「リサイクルショップで中古のベビーベッドを購入する」で決着しました。

中古のベビーベッドを入手する方法は、ネットフリマやショップで購入する以外にも「おさがりをもらう」という方法もあります。

周りに知り合いがいなくておさがりが期待できない方は、地元の掲示板でおなじみの「ジモティをチェックしてみると良いかと思います。

まったくゼロ円というのは難しいと思いますが、条件さえ合えばネットフリマやショップでは考えられない破格の金額で譲っていただけることもあります。

特に今回はジモティは盲点で、ベッドを購入した翌日にめちゃくちゃ近所の方がめちゃくちゃ良さげなベッドを破格で出品していました。

こればっかりはタイミングだと思うので、中古のベビーベッドを検討している方は幅広い情報収集をおすすめします!

もぐたん
ジモティにファルスカのベッドサイドベッドが数千円で出品されてたの。ちょっと悔しい!涙

 

KIDS&BABYいろいろレンタル

おすすめの記事(PR)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-妊娠・出産, 家族・子育て
-, , , ,

Copyright© ゆるい生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.