読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい生活

仕事の鬼から一転、ゆるゆるな日々を楽しむ兼業主婦のキラキラブログ!…を目指していた、単なる生活系雑記

鳥人間との暮らし

家族
スポンサーリンク

 

f:id:mogmogmogtan:20160912195422j:plain

素敵なキラキラ主婦による素敵な生活提案系ブログを目指し、挫折した当ブログですが、最近はもっぱらどーでもいい記事が増えてきているような気がします。

まあ、毎日カルディのものを食べているわけでも、人様にお見せできるような素敵な部屋があるわけでもないので、これはこれでいいような気がしている私(@mogtan1984)です。どーもどーも。

ただ、このブログももうすぐ1周年なので、そろそろ雑記中の雑記ブログを作ろうと思い、ポチポチ作業中です。(完成したら遊びにきてね!)

 

さて、本日は毒にも薬にもならない話の代表。「私の夫を紹介します」系の記事です。

……

いらんよねー。普通いらんよねー。でもね、聞いてほしいの。

最近こちらのブログさんを拝見しまして……

dannagatennen.hatenablog.com

「私も耐えられない!夫あるある早く言いたい〜」と、思った次第であります。

 

また、私の記事にたびたび登場する「夫という名の鳥人間」という記述について、あまりツッコミが入らないのでそろそろ寂しくなってきたっていうのもあります。

そんなわけで、本日は「夫という名の鳥人間との暮らし」です。どーぞ。

 

 

 

私の夫は鳥人間

鳥人間と言えば、大空へ憧れを抱く大学生がコツコツと作った人力飛行機を琵琶湖に沈めるあの大会を思い浮かべる人が多いかもしれない。

もしくは、イースター島の伝説に登場する生き物「タンガタ・マヌ」や、笑い飯のコントを思い浮かべる人もいるかもしれない。

dic.nicovideo.jp

……

しかし、我が家の鳥人間はいずれにも当てはまりません。

見た目は至って普通の、ちょっとだけ脂肪分の少ない成人男子です。

空も飛べません。

しかし、三歩歩く前どころか、5秒前に話していたことすら全て忘れる究極の鳥頭なのです。

 

鳥人間との生活で困ること

f:id:mogmogmogtan:20160912183312p:plain

「チュンチュン♪今日はいい天気だな〜」

自分で言ったことを忘れる

鳥人間は優しさだけは人一倍。

そのため、私が「今日ちょっと頭が痛い」と言えば

 

f:id:mogmogmogtan:20160912183325p:plain

「大丈夫か!? 茶碗はオレが洗っておく! 早く寝るんだ!」

 

と、申し出てくれるのです。

大変ありがたい……ううう。

と、先に就寝すると、翌朝は想像を絶する光景が待ち受けています。

 

f:id:mogmogmogtan:20160912193146j:plain

写真はイメージです。

 

3つ以上は覚えられない

ものぐさで、特に用がなければ休日は外出したくない私に比べ、鳥人間はヒマがあれば外に出たがります。

そして……

f:id:mogmogmogtan:20160912183312p:plain

「何か買ってきてほしいものはある?」

と、自らおつかいに行ってくれるのです。

 

「じゃあ、今日の夜ごはんにつかう"大根おろし"、切らしていた"ゴミ袋"、朝ごはん用の"パン"。あと、好きなおやつ買ってきていいよ。」

 

……

 

このように3つ以上のおつかいを依頼すると、だいたい彼にとって一番インパクトが薄く、覚えにくいものは忘れられてしまいます。

 

この日は大根おろし抜きのポン酢ハンバーグになりました。

 

手元でモノがすり変わるマジックが使える

鳥人間が「鶏の唐揚げが食べたい!」というので、おつかいを依頼したところ、買ってきたのが鶏のムネ肉だったことがありました。

f:id:mogmogmogtan:20160912184321p:plain

「こっちの方が安かったから、喜ぶと思って……」

 

「鶏の唐揚げは絶対モモでしょ!」と思い込んでいた当時の私には大変なカルチャーショックでした。

「そうか。普段料理しない人は、肉の種類を選ぶのも色々考えが違うんだな」と、自分の雑な依頼を反省したものでした。

 

月日は流れたある日、「筑前煮に入れたいので“鶏モモ肉”買ってきてね!」と鶏人間にお願いしました。

歴史に学び、「なぜモモ肉でないといけないのか」「胸肉とモモ肉の違い」などを丹念に説明したので、今度という今度は大丈夫。

 

そして30分後

f:id:mogmogmogtan:20160912183312p:plain

「モモ肉買ってきたよー!」

と、取り出したのは……

 

なぜかやっぱりムネ肉!!

 

f:id:mogmogmogtan:20160912184321p:plain

「手に取ったときはムネ肉だったのにな……」

 

その日は筑前煮ではなく、なにか違うメニューになりました。

 

私の声が聞こえますか……

鳥人間は朝の出発が遅く、帰りも深夜になる仕事なので、たいていは私が先にお風呂に入ってしまうのですが、この日はどういうわけか鳥人間の帰宅時にはまだお風呂に入っていませんでした。

鳥人間はなぜか帰宅すると必ず「お風呂入った?」と私に聞いてくるので、

この日は「まだ入ってないんだよね。先に入るならお湯抜かないでね」と、お願いしました。

f:id:mogmogmogtan:20160912182752p:plain

「うん。わかった。お湯抜かないお湯抜かない……」

 

そして数十分後、鳥人間はさっぱりした様子でお風呂から出てきました。

 

もう想像できたかもしれませんが、私が数分後に意気揚々と服を脱ぎ、風呂場に入ると……

「ギャーーーーーーーース!怒」

もうそこに、お湯はありませんでした。

 

鳥人間と暮らすメリット

このように、鳥人間と暮らすデメリットは多々あるものの、今のところ借金を追うとか、病気になるとか、そういったことはなく、どちらかというとメリットの方が大きかったように思います。

そんな鳥人間と暮らすメリットを3つほど。

ユカイ

f:id:mogmogmogtan:20160912183312p:plain

「鳥人間との生活で困ること」と書いてはみたものの、困る&怒るのはその事件勃発の数時間程度で、次の日になれば私の持ちネタ(友人や家族に披露する)に昇華するほどの破壊力を持っているので、ネタの宝庫。

www.yurui-life.com

たくさんの異世界を持っているので、笑いにことかきません。

怒られると「ハッ」として、しょんぼりする

こんなに鳥害を受けているのに、世間の目はなぜか夫に優しく、私に冷たい。

 

友人「優しい旦那さんじゃないーーー!」

「●●(夫の名前)さんをいじめないで!」

おばあ「もうちょっと旦那さんを立ててあげなきゃダメよ。」

 

……わかっている。

私が! 私が! 私が!という私のキャラが損なことはわかっている。

 

それに対して鳥人間は主張しない。

自分に非がある時はもちろん、良いことをしたときですら「オレが!オレが!」と言わない。

 

前出のような事件が勃発し、私が「あれってどうなってるの?」と指摘した瞬間

f:id:mogmogmogtan:20160912183325p:plain

「ハッ!」っとする鳥人間。

 

そして、私が

「くぁwせdrftgyふじこlp;@:!!!!!!!!!!!」と怒ろうものなら、

f:id:mogmogmogtan:20160912184321p:plain

「……ご、ごめん」と、しょんぼりする鳥人間。

 

これでは私がいじめているみたいじゃないか……。

 

些細なことで怒らない。私は怒るけど

もうお気づきかもしれませんが、「ゆるい生活」とかいうタイトルのブログをやっている割に私は全然ゆるくないので、定期的にやたらめったら怒り狂います。

最近は昔の友人が衝撃を受けるほどに丸くなったようですが、かつては向かってくるもの全てにナイフを投げつけるくらいのギザギザハートでよくテレビに向かって世間に怒りを爆発させていました。

一方、鳥人間はめったに感情的になることはありません。

f:id:mogmogmogtan:20160912183312p:plain

毎日平和です。

 

まとめ

以上、最近の記事に頻出する「夫という名の鳥人間」という記述に関しての解説をさせていただきましたが、このような鳥人間と暮らしていると、色々どうでもよくなり、テレビに向かって世間に怒りを爆発させていた頃の自分が懐かしく思えるようになりました。

男子たるもの、こと細かく、几帳面に、そして厳しく、社会的であり、きっちりきっちり仕事仕事……という父の元で育ちましたので、

私も非常にこと細かく几帳面にそして厳しく社会的できっちりきっちり仕事仕事……という大人になったのですが、鳥人間と暮らすことにより「もう、そういうの……いいわーーーーーー」と思えるようになったことで、胃腸の調子も大変良く、最近は毎日ご機嫌に過ごしております。

 

それでは、最後に鳥人間の生体を晒して終わりにします。

f:id:mogmogmogtan:20160912195146j:plain

休日のバードマン。