読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい生活

仕事の鬼から一転、ゆるゆるな日々を楽しむ兼業主婦のキラキラブログ!…を目指していた、単なる生活系雑記

スパイス不要!市販のルーをちょっと工夫してつくるスパイシーな「夏野菜カレー」

食べもの 食べもの-かんたんレシピ
スポンサーリンク

 

f:id:mogmogmogtan:20160820235114j:plain

大雨→豪雨→曇り→晴れ→快晴→曇り→豪雨……(繰り返すこと約5回)

こんな感じの天気に振り回され、洗濯物を出したりしまったり出したりしまったりしていた私(@mogtan1984)です。どーもどーも。

おかげさまで洗濯物に囲まれてこの記事を書いております。

 

さて、今日は久々に食べものの話。夏に無性に食べたくなるランキングNO.1のカレーです。(私調べ)

かなり前に、たった3つのスパイスで本格的なインドカレーをつくる方法をご紹介しましたが、

mogmog-everyday.hatenablog.com

この手法を応用して、市販のルーを使ったカンタンなのにジューシーでスパイシーなカレーをつくることに成功しました!

そんなわけで本日は「市販のルーでちょっと手間をかけてつくる夏野菜たっぷりカレー」をご紹介します。

 

 

今日のごはんは「牛肉と夏野菜のカレー」です

f:id:mogmogmogtan:20160820231401j:plain

どーです?

みなさん忘れていると思いますが、このブログは「料理、ハンドメイド、インテリア、お買い物……などなど」を気ままにつづる、素敵な主婦のブログだったんですよ! そもそも!

最近、カルディのインスタント食品とか、酒飲んだ話とかばっかりしてますけど、悲しいけど主婦なのよね。私。

いや、べつに悲しくないか。言いたかっただけ。

ていうか、市販のルーでカレー作ったくらいでこんなにドヤ感出すあたり、普段料理しない人みたいじゃんね。

普段全く更新しないインスタなのに、たまーーーに「今日のごはん♪」とかって、普通の家庭料理の写真アップしている人とか、絶対普段料理作らない人だよね説を思い出したよね。

 

「牛肉と夏野菜のカレー」の材料

……また話反れた。

今日のカレーのポインツはですね、「玉ねぎとトマトをペースト状にして作るインドカレーレシピ」をさらにカンタンにするために、スパイスではなく市販のルーを使いました。

さらに、季節は夏ですのでにんじん、ジャガイモといった定番具材の代わりに夏野菜をご用意しました。

そして、極めつけにはポークではなくビーフを用意しました。

我が家ではなぜかポークが大人気なので、肉じゃがもカレーも、すき焼きも、しゃぶしゃぶも焼き肉も、ほとんどポークなのでビーフカレーは超珍しいです。なぜ今日に限ってビーフなのかと問われると「余っていたから」というのが理由です。

それでは材料です。

  • 玉ねぎ 1つ
  • トマト 1つ
  • 市販のカレールー 4ブロック(1箱の半分)
  • 牛肉 200g(今回はアメリカ産バラ肉)
  • ズッキーニ お好みで
  • モロヘイヤ お好みで
  • 水 目分量

以上です。

どーです? この材料の少なさ。

まあ、普通のカレーだよね。ココイチ式に好きなトッピングを用意するとより楽しいと思うよ。

おすすめはパプリカだね。あれがあるだけで、カレーが超オシャレに見えるはず……。

 

「牛肉と夏野菜のカレー」の作り方

それでは、市販のカレールーを使った超カンタンだけどおいしいカレーの作り方をば。

野菜を切る

玉ねぎとトマトは1センチくらいの角切りに、モロヘイヤとズッキーニはトッピング用なので、見栄えがよく食べやすいサイズにテキトーに切ってください。

牛肉はそのままでいーや。

玉ねぎを炒めるというか焦がす

f:id:mogmogmogtan:20160820231556j:plain

鍋にちょっと多めに油をしいて、玉ねぎを投入。

炒めるというか、揚げ焦がす感じで。焼き色がつくまであえて混ぜない、さわらない。

周りが焦げてきたら、ひっくり返して反対側も焦がす。これを10分くらい続けていると、焦げと飴色が混ざった色になる。

オニオンスープみたいな香りもする。

水とトマトを入れる

f:id:mogmogmogtan:20160820231616j:plain

だいぶ水分が飛んでいるので、ここで水をほんの少し(100mlくらい)投入し、トマトも入れる。

少し煮立たせるとトマトが柔らかくなるので、親の敵のようにつぶす。

f:id:mogmogmogtan:20160820231628j:plain

形あるものはいつかはなくなるということを噛み締めながら、5分くらい煮込む。

水と牛肉を入れる

f:id:mogmogmogtan:20160820231643j:plain

ペースト状になったものがかぶるくらい水を入れて、煮立ったら牛肉を入れる。

灰汁が気になる人はこの辺で取っておいてください。

市販のルーを入れる

f:id:mogmogmogtan:20160820231658j:plain

牛肉に火が通ったら、市販のルーを煮溶かしてルーは完成。

トッピングの準備

f:id:mogmogmogtan:20160820231747j:plain

ズッキーニは鬼のような強火で焼き色をつける。

モロヘイヤはレンジでチンしておひたし的な感じにしておく。

盛りつけてできあがり!

f:id:mogmogmogtan:20160820231719j:plain

作り方をこんなに一生懸命書く意味はあったのだろうか。

ほぼ普通のカレーである。

 

まとめ

何が言いたかったかというと、一番はじめに焦がした玉ねぎとつぶしたトマトを入れたことで、市販のルーがちょっとスパイシー&ジューシーになったよ!……ていうだけの話なんだけど、時間はちょっぴりかかるけど、めんどくさいことはあまりないし、結構おいしいので是非お試しいただきたいです!

玉ねぎとトマトの自然な甘みが加わって、市販のものよりちょっと甘めになってしまうので、私はカイエンペッパーを入れました!

f:id:mogmogmogtan:20160820231805j:plain

スパイス不要とか書いたけど……スパイス入れるとやっぱり辛くておいしいなーーーー!

タイトルは釣りじゃないよ!スパイスなくてもおいしいけど、あるともっとおいしいなーーーーって……。

辛いのが好きな人はカイエンペッパーだけでもあると、辛さが調節できていいよね!

カレーを極めたい