読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい生活

仕事の鬼から一転、ゆるゆるな日々を楽しむ兼業主婦のキラキラブログ!…を目指していた、単なる生活系雑記

2000円以下限定!北欧雑貨好きが選んだ「iPhone SEのケース」まとめ

 

スポンサーリンク

f:id:mogmogmogtan:20160615112609j:plain

iPhone SEをついに購入しました。

シャープ製のAndroid端末の使い勝手の悪さに悩まされていた2年前。

apple信者の友人知人から「そんなことは起こらない。そうiPhoneならね!」と言われまくった上、ドコモの改悪祭りが開催され

「もうドコモに年間10万円以上を納めたくない」

と激怒した私はスマートフォンを捨て、ガラケーに回帰。ネット閲覧やアプリなどはSIMフリーのiPadにゆだねることにしました。

当時は国内でSIMフリー版のiPhone、iPadが買えず、ドキドキしながら海外のショッピングサイトで香港版のSIMフリーiPad mini 2を買ったものです。

 

それから2年間、ドコモのガラケーとOCNモバイルのデータオンリーSIMをぶっさしたiPadで月3000円くらいの出費で済んでいたわけなのですが……

ここにきてさらにドコモさんに激おこ。

こっそり私のドコモポイント5000円分(旧ポイント制度でためたヤツ)を消し去ろうとしていたのです。

※2016年5月31日で旧ポイントは全て失効だそうです。私はギリギリ間に合いましたが……。

 

15年も浮気せずにひたすら年貢を納め続けてきた勤勉な農民体質の私ですら「もうドコモには1000円だって払いたくない!」と怒り狂い、ついぞ銀座のappleストアまで足を運び、SIMフリー版のiPhone SEを購入。

iPhone SE 、iPad、そして通話しかしないドコモガラケーの3本建てで回すことにしました。

 

ということで、iPhone SEを買ってから1週間。2年前とは比べ物にならない使い勝手の良さに感動しております。 早くみんなの助言を聞いておけば良かった……と、後悔の気持ちもちょっとだけあります。

その一つの理由が、ケースやアクセサリの選択肢の多さ。やっぱりシェアが高い端末は、周辺アイテムも豊富なのです。 でも、ステキなデザインのケースがたくさんあるにはあるなりの悩みがあるのです。

 

色々ありすぎて選べねぇ……。

 

ショップでずらっと並んでいる中から選べるのなら問題ないと思うのですが、私が好むようなデザインのものはヨドバシとかその辺の入りやすい店にはほとんど置いてないんですよね。

ルミネとかのオシャレさんが集うようなところにオシャレさん向けのスマホケースショップがあるみたいなのですが……まず、そこにたどり着くのが困難なこと。また、ほとんど定価での販売なので、安くても2000円程度はかかるわけです。

 

でも、私だって女子です。

嗚呼!それでも!安くてかわいくて、オシャレなケースが欲しい!

 

そうなると、やっぱりネットで探すわけなのですが、正直数あるケースの中から自分の好みのものを探し出すのは一苦労。 楽天やらAmazonで“オシャレ”とか“かわいい”とかの「漠然としたテーマ×iPhoneケース」で検索してみても、やたらキラキラしたヤツとか、シンプルすぎるやつとかばっかりだったりして超大変でした。

 

おかげで私はケース選びに1週間を要しました。

 

そんなわけで、今日は「2年ぶりにスマホユーザーに返り咲いた私が欲しい!と思ったおしゃれなiPhone SEのケース」をご紹介します。 趣味が同じような人のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

私が思う「オシャレ」なケースの判断基準

私がどんなに「かわいい!オシャレ!」と思っても、読んでる人と基準が違うと「ハァ?」となりかねないので、一応私にとっての「オシャレ」判定を書いておきますね。

  • 「かわいい」と思うのはキラキラゴテゴテ系よりもシンプルで素朴な感じ
  • 「オシャレ」は足し算じゃない。引き算だ!と、思っている
  • キャラクターものならディズニーよりもスヌーピーとかムーミンが好き
  • 「北欧」という言葉にただならぬ憧れがある

↑こんなアナタは私と趣味が近いと思いますので、どうぞご参考に。 そうでなければお役に立てないと思います。ごめんなさい。

 

 

タイプ別!2000円以下なのにおしゃれで使いやすそうなiPhoneケース(SE対応)

手帳型



私はそれほど電話をするわけでもないし、ずっとスマホをいじっているタイプでもないので今回は手帳型が第一候補でした。

手帳型がいいなーと思うもう一つの理由は、カードが挟めるところ。 交通系ICカード(私はPASMOです)を使う頻度が高いので、ちょっとコンビニに行く時なんかは便利そう。

 

窓付き手帳型



手帳型のデメリットはふたが閉まっていると画面が見えないこと!

……って当たり前なんですけど、自宅とかでサイレントのままポイッと置いておくと、通知とかに一切気づかないんですよね。 通知が気になるからサイレントにしている感はあるんだけど、大事な連絡をスルーしちゃったり、ちょっと時計見たい時とかは不便。

「でも、手帳型がいい!」という、私みたいなどっちつかずの人向けのいいとこ取りスタイルが窓付き手帳型。 閉じたままでも操作できるというところが超アツい。

デザインも豊富で、ケースをつけるとiPhoneがいつぞやnokiaケータイみたいになるところがポイント。

 

木目調



シンプルかつオシャレと言うと、やっぱり外せない木目調。無機的な質感が当たり前のスマホを一気に温かみのある存在にしてくれるあたりに魅力を感じますね。

本物の木を使ったケースは結構お高いので、2000円以内で購入できるのはあくまでも木目調のプラスティック製ということになりますが、写真で見る限りテイストは十分に出ているように思います。

「手触りがサラサラしていて良い」的なレビューコメントも魅力。

 

レザー調


さっきの木目調と同じようなデザインで、レザー調も発見。高級感出すならレザー調よね。値段が安いので合皮に違いないけど。

ただ、このレザー調のケースのすごいところはケースとiPhoneの間にICカードが挟めるところ。 文章読んだだけじゃ一瞬何事かよくわからないと思うから、写真で見てみると

http://image.rakuten.co.jp/asktrading/cabinet/variety/spcase/mon-pul_ic.jpg

↑こんな感じ。ICカード持ってることすら忘れそうな利便性。

ただ、私のICカードはクレジット一体型なので落としたり盗まれたりしたときの衝撃が半端なさそうだ。

 

テキスタイル


北欧と言えばマリメッコ的なテキスタイルだと思うんですけど……。

どうもプラスティックとテキスタイルの相性は良いように思えないのでパス。布っぽい素材だったら良いのかも。

 

刺繍


北欧っぽさを求めると、行き着く先はやっぱりテキスタイルか刺繍になるわけですが、これを使えば自分で好きなパターンのケースができるわけですよ!

ちょっとわかりにくいので、2000円越えてるけど出来上がりのイメージは下の写真みたいな感じね。



はらぺこあおむしができる刺繍セットもあるでよ。

ただ、すでにiPhoneケース選びに1週間も費やしているから、ここから作るとなると来月まで裸のiPhoneを持ち歩かなくては行けないな……。また今度かな。

 

クリアケース



色々なケースを見てきたけれど、やっぱりiPhoneを購入したということを実感するためには、背面の林檎マークが見えた方iPhone買った感はでそうだ。これで私も信者の仲間入りだ。

ということを実感するには、やっぱりクリアケースかな。 片手で操作できるSEのサイズ感を活かすためにも、カジュアルな方がいいような気もする。

 

そんなわけで、最終的にこちらのケースになりました。

f:id:mogmogmogtan:20160615142143j:plain

数あるはらぺこシリーズのなかでも「あおむしとたいよう」にしました。 36円予算オーバーだけど、かわいいからゆるす!


イヤホンジャックもメッチャかわいい! 今のところ大満足しております。

次は刺繍のケースにチャレンジしてみたいなー。

↑かわいいケースが一番多かった「可愛いスマホ雑貨の店*KAWAII館」