食べもの こだわりレシピ

豚バラでベーコンを作ろうと思ったが、いろいろ間違えて結局「超ウマい塩豚」になった

投稿日:2016年3月20日 更新日:

スポンサーリンク

 

どーも。私です。

春先になるとセキが止まりません。

そんなわけで、毎年この季節は病院に厄介になり、

吸入するタイプのなぞの薬を処方されるのですが、

そんな病院の待合室で見かけたこちらの記事。

f:id:mogmogmogtan:20160320194439j:plain

ワーオ!

何コレ!? 超美味しそう!!

新製品大好きっ子御用達の雑誌「MONOQLO」さんのキッチンアイテム特集で紹介されていました。

MONOQLO (モノクロ) 2015年 08月号 [雑誌]

MONOQLO (モノクロ) 2015年 08月号 [雑誌]

↑普段はスマホとかのデジものの紹介が多いような。

記事の内容をざっくり説明すると、

豚バラを5日間塩漬けにして、水抜きをすると

超ウマい豚バラベーコンになる!!

とのこと。

うっひょー!

最近ヒマすぎて毎日晩酌が欠かせないワタクシの

サイコーのおつまみになってくれそうじゃないですか!!

※「ヒマなのにブログ更新しないよね」とか、そういうツッコミは野暮ってモンですよ。

ということで、早速帰宅して先日イトーヨーカドーで100g105円だった豚バラブロック(アメリカ産)を冷凍庫から取り出しました!

f:id:mogmogmogtan:20160320194602j:plain

そして、本に習い(待合室で写真をとってすみません)、

塩をコレでもか!コレでもか!!

と、擦り込み、ラップでぐるぐる巻きにして待つこと5日。

f:id:mogmogmogtan:20160320194715j:plain

↑こんなかんじざーます。

「そろそろいいかなー♪」と、冷蔵庫で放置された塩漬けの豚バラを確認したところ、

お肉の赤身の部分がちょっと透き通った生ハム的な色でいい感じ!

f:id:mogmogmogtan:20160320194824j:plain

↑赤身の部分がうまそう。

早速手順に習い塩を抜くため、水につけながら、その次のステップを確認したところ

……!!!!

私は、重大なミスを犯していたようです。

ちゃんと読まないのが悪いというか、考えればわかるだろうさって話なんですけど、

1.塩漬けにする際、肉に擦り込むのは塩だけじゃなかった!

→MONOQLOさんには「オールスパイスも一緒に!」と書いてあった。写真付きで。

2.ベーコンは焼くのではなく、燻して仕上げるものだった!

→今思えばそりゃそーだって話なんですけど、燻す系の鍋(フライパンみたいなヤツ)とスモークするためのチップ(桜とかの)が必要でした。

肉、すでに水の中

時、すでに19時半

……

私はTwitterの友達に助けを求めました。

「致命的な失態を犯して、ベーコンどころか豚バラ400gが無駄になろうとしている!」

……と。

すると、心優しいマイフレンド(会ったことはない)

「それならただ煮てしまえば良いのでは?塩豚になりますよ」

……その手があった。慌てすぎて忘れてた。

そんなこんなで、豚バラでベーコンを作り、

ワインを片手にブルジョワな週末を送る私の計画は、

次回イトーヨーカドーで豚バラがセールになる時まで延期になりました。

塩豚はね、超美味しかったよ。

先日つけた塩レモンと一緒に食べました。

f:id:mogmogmogtan:20160320194953j:plain

↑塩レモンもさらに美味しくなっておりました。

いつもは2日くらいしか塩漬けしないから、5日+塩抜きした版はまろやかさと塩分が程よい。

しかし、この雪辱は必ずはらす。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
もぐたん

もぐたん

ごはんとお酒とインターネットをこよなく愛する、30代のゆるゆるフリーランス兼業主婦。 夫(鳥人間)と東京のかたすみで、ひっそりのんびり暮らしています。

-食べもの, こだわりレシピ
-, , , , ,

Copyright© ゆるい生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.